最近の仕事

4月25日

日経トレンディネットに

「グランフロント大阪 ナレッジキャピタル」

についてのレポートが掲載されました。

 

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130424/1048906/?top3_img

4月16日

日経トレンディネットに

「アジア発ファストファッション」についてのレポートが

掲載されました。

 

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130410/1048643/?ttr&rt=nocnt

4月5日

web産経westに

連載「おおさか新発見」が掲載されました

 

大阪唯一のブランド豚「犬鳴ポーク」について書きました

 

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130405/wlf13040517130023-n1.htm

4月5日

web産経westに

連載「おおさか新発見」が掲載されました

 

日本で初めて食品サンプルの産業化を実現した

「いわさき」を取材しました

 

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130405/wlf13040515350018-n1.htm

3月7日

日経トレンディネットに

先日大阪・南堀江にオープンした激安雑貨店「ASOKO」

についての記事が掲載されました

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130304/1047865/

3月5日

産経新聞朝刊大阪府下版に

連載「おおさか新発見」が掲載されました

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130305/wlf13030515500016-n1.htm

2月28日

フジサンケイビジネスアイの記事広告

「兵庫経済特集」をまとめました

厳しい状況ながらも、輸出、生産がやや好転しました

日本が世界に誇るスパコン「京」と放射光「SACLA」も

昨年共用を開始し、産業利用が始まっています

2月28日

日経トレンディネットに

阪急うめだ本店「うめはんシスターズ」のイメージモデル

についての記事が掲載されました

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130220/1047576/?top1_img

 

2月22日

産經新聞朝刊大阪府下版に

連載「おおさか新発見」が掲載されました

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130222/wlf13022216370020-n2.htm 

2月19日

産経新聞朝刊大阪府下版に

連載「おおさか新発見」が掲載されました

 

この連載は大阪商工会議所が実施している

なにわなんでも大阪検定の問題を解きながら

大阪の町を紹介しようという企画です

 

大阪の特産品、注目スポットなどが登場します。

今回は私の本拠地である天満の市場について

書きました

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130219/wlf13021915310014-n1.htm

2月13日

日経トレンディネットに

エキュート品川に先日オープンした

阪急フルーツギャザリングの記事が掲載されました

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130212/1047439/?top2_img&rt=nocnt

2月5日

産經新聞朝刊大阪府下版に

連載「おおさか新発見」が掲載されました

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130205/wlf13020515010007-n1.htm 

2月4日 

日経トレンディ3月号「ヒットチャート」に

電動自転車の記事が掲載されました

 

    パン消費量が全国一、洋菓子消費量でも全国トップ級の神戸市では、「パン&スイーツの街・神戸」を全国へアピールする目的で、神戸のパン&スイーツを約100店舗で食べ歩きするイベントを開催中です。

「KOBEパンのまち散歩」は、神戸市中央区の
11/1~30)
「ひがしなだスイーツめぐり」は、神戸市東灘区の

10/18~11/24)を開催中です。

   両イベントの共同取材会に行ってきました。
    アーバンリサーチが展開するファストファッション「センスオブプレイス」の旗艦店が、11月14日、大阪ミナミの心斎橋筋商店街にオープンした。
    グランフロント大阪、名古屋  に次ぐ路面店で、
    レディス、メンズ、靴、バッグ、アクセサリー、コスメを展開し、売り場面積は120坪、

2017年

9月

21日

普通の販売員はもう要らない

「普通の販売員はもう要らないと思います」

 

 ネット通販が勢いを増し、リアル店舗が苦戦するファッション業界。

 

 こんな時代に、販売員としてどんなことをモットーに仕事をしていますか?という問いに、大阪にある某商業施設のファッション専門店店長が、こう答えてくれました。

 

 「普通の販売員はもう要らない」という言葉の裏には、顧客が求める接客でなければ、逆にうっとうしがられてしまう、そんな販売員はこれからの時代に生き残れないという、強い危機感があります。彼女自身も元々接客されるのが嫌いだったとか。

 

 「たがらこそ、ネット通販ではできない、お客様の心を動かすような接客をしたい」

 

 「ミュージシャンのライブで気持ちが揚がるように、そんな感動と喜びを洋服の販売を通して与えることができるはず」

 

 「店のスタッフにも、店頭でパフォーマンスができるようにアドバイスしている」といいます。

 

 彼女は、“関西一の売り上げ”を目標に掲げ、1年後に達成した敏腕店長です。「売り上げ達成は、スタッフのモチベーションしだい」といい、店長業務のなかでも、スタッフのモチベーション管理をとくに徹底しています。

 

 そんな彼女を敏腕店長に育てたのが、ブランドのエリアマネージャーだそうです。マネージャーの仕事に対する姿勢やアドバイスの一言一言が、彼女の意識を変え、人生観にまで大きな影響を与えました。

 

 そのせいか、取材での対応も完璧で、言葉を選びながらこちらの質問に的確に答えてくれました。店長の立場で伝えるべきこと、会社の考えはもちろん、自分の思いもきちんとわかりやすく相手に伝えられるのも、普段から目的意識が高く、自分のすべき役割に対して真摯に取り組んでいるからなのでしょう。

 

 20代の若き店長に、ファッション業界が今後歩むべき姿をかいま見ることができました。

 

 この会社の広報担当者に聞くと、同社には、人間力と指導力のある魅力的なエリアマネージャーが何人も揃っているのだとか。

 

 インターネットを中心とした情報化社会に対応できず、既存のアパレル業界はいま瀕死の状態と巷間伝えられています。そんななか、業界が今後復活できるとすれば、20代の彼女がいみじくも伝えようとしていた「人間力」が重要なキーワードになると思います。

 

 人手不足やコストなどの問題ばかりに気が取られ、企業にとって一番大事な「人を育てる」ことを軽視してきたアパレル業界も、早く意識を変えないと、ホントに“誰かに殺されてしまう”のではないでしょうか。

 

2017年

9月

19日

“専門職大学”のこと、知ってますか 2

 

   1では、専門職大学の概要と、創設される背景について触れましたが、その実態はどうなっているのでょう。

 

   管轄する文部科学省のホームページによると

「医学、歯学、6年制の薬学、獣医学の分野を除き、専門職大学の職業分野は限定されていないが、いわゆる成長分野などが中心になると想定される。例えば、観光、食と農業、IT・コンテンツなどの分野が考えられる」といいます。

 

   では、もはや危機に瀕しているといわれているファッション分野についてはどうなんでしょうか。関係者の話によると、いまのところ、専門職大学の設置申請をするのは、学校法人日本教育財団(旧モード学園)だけのようです。同校は、医療などの分野で複数の専門職大学を申請し、ファッション分野では「国際ファッション専門職大学(仮称)」を開校するようです。

 

   なぜ、他の専門学校は専門職大学の申請をしないのでしょうか。その理由はハードルの高い設置基準にあります。

 

   文科省のホームページによると、専門職大学の教育内容は「その専門性が求められる職業についている者、関連事業を行う者の協力を得て、産業界と連携した教育を実施することが義務付けられている」

   したがって、卒業単位の3~4割程度以上が企業実習等にあてられ、4年間で20単位以上が必要と決められています。

 

   また、ここからが重要なのですが、「必要な専任教員数の4割以上が実務家教員とし、その半数以上は研究能力を併せ有する実務家教員とする」ということです。

 実務家教員というのは、例えば、ファッション業界で5年以上、該当する専攻分野の実務に携わってきた人のことを指します。販売、バイヤー、MD、VMD、マネージャーなど5年の実務経験があれば、教員資格があります。

   

   ところが、その半数は大学などでの教員歴、修士以上の学位、または企業などでの研究上の業績を有する者でなければならないととされています。その理由は、1にも触れたように、専門職大学では、専門学校とは異なり、技能だけでは対応できない応用力が求められるからだといいます。

 

   この設置基準だと、服飾専門学校が専門職大学を開設するのは、非常に困難になってきます。ファッション業界でいま活躍している人のなかに、大学の教員歴がある人や修士を持っている人がどれだけいるでしょうか。

   最近は、ファッション業界にも経営学修士(MBA)を持つ執行役員や現場リーダーが増えてきましたが、それでも人材不足は否めません。この設置基準が緩和されないかぎり、実務家教員を必要数確保できないのが現状です。

 

   さらに、学生一人当たりの敷地面積や校舎の面積なども、基本的には大学と同等かそれに近い設置基準が求められています。

 

   「こんな厳しい設置基準では、専門学校では対応できない」と、ある服飾専門学校の関係者は話します。専門学校の社会的地位向上や学生数の確保などを狙い、新たな学校運営の柱として専門職大学の開設を検討してきた学校は多いようですが、ここにきて設置基準の面で断念した学校も多く、学生側からすれば、選択肢が限られることになります。

 

   ただ、少子化社会にもかかわらず、雨後の筍のように私学の大学が増えたことを考えると、学校数が限定されるのは悪いことではないかもしれません。大切なのは、学校数ではなくて、創設された学校でいかに充実した教育サービスを受けられるかということです。社会人にとっても、学び直しの場にもなるので、今後、注目していきたいと思います。

  

2017年

9月

19日

“専門職大学”のこと、知ってますか1

   専門職大学が、平成31年度に開学されます。

 

   今年3月、学校教育法を改正する法案が閣議決定され、5月には専門職大学の創設が正式に決まりました。10月には、設置認可申請の受付が始まるそうです。

 

   といっても、「専門職大学って何?」「そんな大学聞いたことがない」という人も多いのでは。専門分野の職業教育を行う大学であることはなんとなくイメージできますが、専門学校や大学との違いや具体的にどんなことが学べるのか、わからないことだらけ。そこで、管轄する文部科学省のホームページなどで概要を調べ、専門学校関係者から実態を聞きました。

 

   文科省のホームページによると、専門職大学とは

「実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関」であり、「専門性に富み、従来の大学卒業生と同等以上の賃金・学位を得て、世界の産業革命をリードするような現場レベルの革新を牽引し得る高度職業人材を輩出する教育実施体制を備え、我が国の人材力を抜本的に強化する今までにない職業プロ養成機関」とのこと。

 

   平たくいえば、「産業イノベーションを起こしたり、新産業において中心的役割を担ったりできる、高度な専門能力や知識を持つ職業人を養成する教育機関」ということです。アパレル業界のように産業構造が変化し、そこで働く人に求められる能力や技術が急速に変わってきていること、産業界からはより実践的な教育のニーズがあること、学び直しのニーズへの対応などがその背景にあります。

 

   では、従来の大学や専門学校と何が大きく違うのでしょうか。

 文科省のホームページを要約すると、「大学は、比較的、学問的色彩が強いのに対して、専門職大学は、産業界と連携し、実践力や創造性を培う教育に重点を置かれている。また、専門学校は、教育課程や教員組織についても自由度が高いのに対して、専門職大学は、大学として必要な水準のものが求められ、卒業者には学士の学位が授与される」ということです。

 

   さらに、専門職大学に関連する記事を見てみると、専門学校では技能を教えられても、それを応用するための創造力や実践力、マネジメント能力までは教えられていないのが現状といいます。

 

   ここまでみてくると、専門職大学は、日本の産業の活性化やさらなる飛躍のために必要な教育機関であることは理解できます。ただ、実際は「設置基準が厳しく、専門学校のなかで専門職大学を開設する学校は少ないのでは」というのが、関係者のおおかたのみかたのようです。

   

   実態はどうなのでしょうか。

2017年

3月

10日

阪急メンズ大阪2017SSエキシビションは80'Sに注目

 

 阪急メンズ大阪は3月3日夜、恒例の「阪急メンズ大阪 ファッションエキシビションナイト」を開催した。今回のテーマは「BACK TO ’80S」。80年代に流行ったポップスやディスコナンバー、映画音楽が館内に流れるなか、人気アーティストのライブパフォーマンスや注目ブランドのファッションショーが披露された。

 スペシャルトークショーには、ファッションディレクターであり、FORZA STYLE編集長の干場義雅氏が黒のレザージャケットに黒のパンツスタイルで登場。「今シーズンは気分的に“黒“が戻ってきている。ファッション誌でも黒を提案しているブランドが結構多い。80年代ファッションでいえば、ミラノコレクションでも肩パットが入ったジャケットがたくさん出ていた。80年代にファッションに影響された世代が今、時代を作っていて80年代、90年代ファッションが戻ってきているのだろう。ただ、80年代がそのままリバイバルしているわけではなく、いまのテイストをどれだけ入れられるかがポイントになっている」と語った。

 国内外の注目ブランドを独自の視点でセレクトする編集売り場「ガラージュ D.エディット」の特設ステージでは、「ヨウジヤマモト」のほか、今シーズンから取り扱いをスタートした「オールモストブラック」の17年春夏コレクションが披露された。デザイナーの中嶋峻太氏と川瀬正輝氏が15年秋冬に立ち上げた同ブランドは「POST JAPONISM」をコンセプトに、古くから日本人に愛されてきた「褐色」の服を提案。スナップボタンでシルエットやサイズを自在にアレンジでき、バックには刺繍をあしらってたデニムジャケットなどを発表した。

 他には、「イッセイ ミヤケ メン」「ヘルノ」「ヴィヴィアン ウエストウッドマン」「ロイ ロジャース」などがフロアショーを開催。アンダーウェアショーには、昨年から取り扱いを再開した「TOOT」など23ブランドが出品し、今年も大いに盛り上がりを見せた。

 

0 コメント

2015年

9月

19日

神戸ビエンナーレ、19日から11月23日まで開催

 2年に1度の芸術文化の祭典「神戸ビエンナーレ2015」が、本日19 日〜11月23日まで開催されます。


 昨日、その内覧会に行ってきました。

 

 今年の見どころは、新たに会場となった東遊園地で行われる初の夜間展示です。


 輸送用コンテナを展示空間とした「アートインコンテナ国際展」の入賞作品のほか、夜の会場を演出する招待作家による作品が展示されています。


 コンテナの作品はいずれも完成度の高いものばかりで、鑑賞するだけでなく、身体で体験できるものや幻想的な作品が多い印象です。コンテナの外面を使った映像も、夜間展示ならではの素敵な演出でした。


 東遊園地は三宮駅から歩いてすぐなので、買い物や仕事帰りに気軽に立ち寄れるのが魅力です。


 また、港街・神戸を代表するメリケンパークでは、大型テントによる会場づくりが行われ、書道やいけばなといった伝統芸術から、コミックイラストといった新しい分野の作品まで、多種多彩なアートが満載。


 「しつらいアート国際展」 には、趣向を凝らした作品が点在し、海や山、街といった神戸の代表的なロケーションとともに楽しめます。家族連れやカップルで遊びに行くのにオススメです。

 

 メリケンパークから元町、三宮までは便利なシティループが走っています。


 ですが、神戸の街を満喫したいなら、メリケンパークからすぐの海岸通りや栄町通りを歩いて回るのがオススメ。レトロなビルを観るだけでも楽しいし、ビルに入っているおしゃれな雑貨店や洋服店をのぞいていると気分だけでも豊かになれます。


 他にも、兵庫県立美術館では、世界から注目される「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展を開催するほか、横尾忠則現代美術館では、横尾忠則氏の代表作「Y字路」シリー ズの展覧会を開催しています。


 神戸では、10月9日の「夜景サミット」開催に合わせて10月3〜12日を「夜景サミットウィーク」に設定し、多彩なイベントを展開しています。


 この秋は、1000万ドルの夜景といわれる神戸の夜景とアート作品を見に神戸まで足を延ばしてみませんか。

0 コメント

フリーライターhassy

2017/09/19 09:34

“専門職大学”のこと、知ってますか 1

 専門職大学が、平成31年度に開学されます。

 今年3月、学校教育法を改正する法案が閣議決定され、5月には専門職大学の創設が正式に決まりました。10月には、設置認可申請の受付が始まるそうです。

 といっても、「専門職大学って何?」「そんな大学聞いたことがない」という人も多いのでは。専門分野の職業教育を行う大学であることはなんとなくイメージできますが、専門学校や大学との違いや具体的にどんなことが学べるのか、わからないことだらけ。そこで、管轄する文部科学省のホームページなどで概要を調べ、専門学校関係者から実態を聞きました。

 文科省のホームページによると、専門職大学とは

実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関」であり、「専門性に富み、従来の大学卒業生と同等以上の賃金・学位を得て、世界の産業革命をリードするような現場レベルの革新を牽引し得る高度職業人材を輩出する教育実施体制を備え、我が国の人材力を抜本的に強化する今までにない職業プロ養成機関」とのこと。

 平たくいえば、「産業イノベーションを起こしたり、新産業において中心的役割を担ったりできる、高度な専門能力や知識を持つ職業人を養成する教育機関」ということです。アパレル業界のように産業構造が変化し、そこで働く人に求められる能力や技術が急速に変わってきていること、産業界からはより実践的な教育のニーズがあること、学び直しのニーズへの対応などがその背景にあります。

 では、従来の大学や専門学校と何が大きく違うのでしょうか。

 文科省のホームページを要約すると、「大学は、比較的、学問的色彩が強いのに対して、専門職大学は、産業界と連携し、実践力や創造性を培う教育に重点を置かれている。また、専門学校は、教育課程や教員組織についても自由度が高いのに対して、専門職大学は、大学として必要な水準のものが求められ、卒業者には学士の学位が授与される」ということです。

 さらに、専門職大学に関連する記事を見てみると、専門学校では技能を教えられても、それを応用するための創造力や実践力、マネジメント能力までは教えられていないのが現状といいます。

 ここまでみてくると、専門職大学は、日本の産業の活性化やさらなる飛躍のために必要な教育機関であることは理解できます。ただ、実際は「設置基準が厳しく、専門学校のなかで専門職大学を開設する学校は少ないのでは」というのが、関係者のおおかたのみかたのようです。

   実態はどうなのでしょうか。